看護師求人サイト > 看護師求人サイトの良い面と悪い面

看護師求人サイトの良い面と悪い面

転職したいと思い立って、次に行動すべきことはなんでしょうか。 転職先探しと情報収集ですよね。 方法としては知人を介したり、ハローワークを利用したりします。 ですが、現在ではインターネット上に求人情報が掲載されており、簡単に情報を得られるのです。

<参考サイト>
http://www.kangoshi-kyujin-job.com/

しかも看護師専門の転職求人サイトがあるんです。今までの情報取得方法では、わざわざ自分からハローワークなどに足を運び、面接や勤務や福利厚生、給与などの交渉事はすべて自分の責任で行います。病院側からの提示する条件に自分が合わせなければなりません。

対してサイトを利用すれば、自分の求める科目や待遇などから職場を探すことができます。また民間の人材紹介会社が仲介しており、ほとんどのサイトに看護師専門のコンサルタントが存在しています。

そのため、自分の求める条件をコンサルタントに伝えておけば、希望に沿った求人情報を紹介してくれます。つまりわざわざ現地に足を運ばずとも、自宅などで条件の合う求人を待っているだけで良いのです。また転職・就職に関するアドバイス、就職後のサポートも受けられます。

 それだけではありません。非公開求人の紹介があるのです。非公開求人とは、医療機関の求める人材の選考を簡単にするため、あらかじめ条件の合った看護師のみに紹介するものです。

怪しいサイトやコンサルタントにご用心!

良い面ばかりではなく、注意すべき点もあります。コンサルタントは転職の成立と共に報酬が発生するため、条件や希望に合っていない転職先を押し付けてくる場合もあります。

そしてなにより個人情報を登録しなければサイトを利用することができない場合が多くあると言うことです。サイトのコンサルタントから諸々のアドバイスをもらうとなると、当然のようにも思えます。

また怪しいサイトを利用しないために、まずは厚生労働省からの有料職業紹介事業の認可番号を確認するとよいですね。 利用が手軽な分、自衛もしっかりと心がけましょう。許可番号はサイト内もしくは会社概要の場所に掲載されています。

ネットを利用した就職・転職活動はこれからも増えていくでしょう。しかしその利便性だけでなく、デメリットの方もよく見極め、納得のいく転職活動にするべきです。

<参考サイト>
熊本県看護協会

看護師転職、求人票のチェック項目

求人サイトを利用する際にどういったところチェックすればいいのかわからないという方のために、確認しておきたい項目をご紹介します。

細かいポイントをチェックしておかないと、就職が決まった後に「あれ?求人票と話が違う…」というトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

まず、募集科目についてですが、病院によっては実際に採用が決まった後でなければ科目がわからないというところもあります。求人票にしっかり募集科目が書かれていることもあるので、ここはよく確認しておいた方が良いでしょう。応募者の意向に沿ってくれるところもあれば病院側から指定されるところもあります。

勤務時間や休日についても必ず確認しておいた方が良いでしょう。電話で確認するという手もありますが、面接で確認した方が無難です。

給与についての注意点ですが、具体的な金額はその人のキャリアなどによって異なってくるので、求人票だけでは正確な金額はわかりません。ここも面接で質問する形になるでしょう。

注意しなければならないのが、求人票に記載されている給与額を参考にして職場を選ぶのはおすすめできないということです。キャリアによっては求人票に記載されている金額よりも大幅に上がったり下がったりすることもあるので、給与だけでなく、その他のポイントもチェックした上で自分に合っている職場を探しましょう。

また、給与からは税金や保険料が引かれる形となるので、給与欄に記載されている金額が手取り金額であるとは考えないほうが良いですね。なお、残業手当や夜勤手当は給与欄に記載されている金額には含まれないのが一般的となります。

それから、求人票には院内保育室があると書かれているものの、実際に応募してみたところすでに院内保育室の空きがなかったというケースもあるので注意しておかなければなりません。

特に転職活動が終わった後に子供を預けられないという事実がわかると大変なので、必ず事前に確認しておきましょう。

看護師転職、職場の運営母体をチェック

看護師が選択できる職場には様々な種類があります。同じ看護師という仕事であっても職場が違えば雰囲気や条件、仕事内容も違ってくるものなので、職場の情報は事前にたくさん集めておきたいところですよね。

こういった情報は実際に働き始めてみなければ詳しいことがわかりませんが、運営母体をチェックしておくとある程度特徴がわかるかもしれません。どのような運営母体があるのかというと、赤十字社や自治体、公的機関、医療法人、大学、企業、個人などが挙げられます。

病院によっては、経営の途中で元の運営母体から他の運営母体に変わってしまうこともありますが、そのようなことがあると職場の雰囲気が変わってしまうこともあるようです。もともとはかなり働きやすいと看護師から評判の良い病院であったものの、運営母体が変わったことによって働きにくい環境になってしまったということも珍しくありません。

こういった情報は転職支援サイトなどから得るようにしましょう。

また、大学病院で働く場合、理事長の考えによって組織の雰囲気が変わることもあります。そのため、大学病院によって雰囲気や特徴は全く違います。こちらも転職支援サイトのコンサルタントに話を聞きながら雰囲気をチェックしてみると良いでしょう。

それから、公的病院はゆったりとした雰囲気の中で働けるという話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。実際に昔はそうだったのですが、現在は経営改善を強いられているところも多く、昔ほどゆったりとした雰囲気とは言えなくなっています。

このように運営母体ごとによる特徴はいくつかあるのですが、運営母体よりも重視しておきたいことといえば職場の人間関係に関すること。看護師が転職する理由はたくさんありますが、その中でも多いのが人間関係に問題があったということです。

いくら運営母体がしっかりしていたとしても人間関係に問題がある職場では長続きしないため、こちらを重視した方が良いでしょう。

転職支援サイト利用前に知っておきたいこと

初めて転職支援サイトを活用するという方のために、利用前に知っておきたいポイントを紹介します。 そもそも転職支援サイトとは何かというと、利用者である仕事を探している人と求人を出している企業を結びつけてくれる民間企業のことです。

利用者はインターネットを通して求人情報をチェックできます。基本的に、求人情報の検索だけでなく、キャリア相談や様々なサービスが無料で受けられるので、インターネットを活用して仕事探そうと思っている方はぜひ利用してみると良いでしょう。

登録などもインターネット上から行えるのですが、登録が済んだ後に一度転職支援サイトのオフィスに出向き、希望条件などを詳しく伝える形になります。

あとはその条件にあった求人情報を転職支援サイトがまとめてくれるので、気になる情報があれば申し込むだけで転職を進めることができるのです。転職支援サイトのコンサルタントは面接にも同席してくれるので、非常に心強いですね。

また、求人情報の中に気になることがあるけれどもなかなか自分からは聞けないということもあるでしょう。 特に休みや給与関係のことは直接確認してしまうと印象が悪くなってしまうかもしれません。 コンサルタントはそういったことを代わりに聞いてくれるので、個人で転職活動するよりも転職の成功率を上げることができます。

そんな便利な転職支援サイトではありますが、利用するにあたりデメリットがないのか気になるという方も多いはず。

これは、利用するサイトによっても異なりますが、デメリットが全くないとは言えません。例えば、サイトによっては登録件数を稼ぐためにこちらが求めていないような求人情報も提供してくるところがあるようです。 軽い気持ちで登録したものの、電話やメールが止まない状態になってしまうと面倒ですよね。

こういった場合は、サイトに対して自分が求めている情報を正確に伝え、それ以外の連絡はしないようにお願いするだけで解決します。初めて利用する場合は不安もあるかもしれませんが、とても便利なサービスなので上手に活用して転職を成功させましょう。