経験以外にアピールできるものが必要です!

経験の浅い看護師の転職活動

経験の浅い看護師の転職活動

これは看護師に限ったことではありませんが、 前の職場で十分なキャリアを積めないまま 早期に転職活動を始める場合、困難の多いものになります。 看護師になってからまだ少ししか経っていないのか、 あるいは看護師経験はあるが、一つのクリニックでの 勤務期間が少ないのかで状況は変わりますが、 どちらの場合もそれぞれの理由でスムーズには進まないと思われます。

まだ看護師になったばかりの方の転職は、 つまりクリニック側にしてみればキャリアのない 新人に近い方を雇い入れるという事です。 わざわざそれを望むクリニックがどれほどあるでしょう?

また、人間関係によるストレスや理想と現実とのギャップから、 前の仕事を退職したのであれば、すぐに辞めてしまうのでは? などと警戒されてしまうでしょう。 そういった問題を抱えながら、それでも転職を希望する場合は、 マイナスイメージがつき易い退職理由から ポジティブな考えに路線変更させながら活動した方がよさそうです。

例えば、

●スキルアップしたい!
●今の職場とは異なるが、どうしても
●チャレンジしたい分野である!

といった理由であれば、前述した マイナスイメージな退職理由よりもはるかに考印象でしょう。 クリニック側が受け入れてくれる可能性もグッと高まるはずです。 また、たとえ経験の浅い看護師であったとしても、 特化した技術・知識などでベテラン看護師のキャリアに 挑む事もできるかもしれませんね。

また、看護師の経験が十分であっても、短い期間のあいだに 繰り返し職場を変えているような方の転職はさらに難しいでしょう。 何か問題がある看護師なのでは?と思われても仕方がないと思って下さい。 これは、看護師の転職活動に限った事ではありませんよね。

もちろん、退職や転職の理由は様々なケースがございますので、 その理由の説明によっては受け入れられる場合もあるでしょう。 ただ、求人しているクリニック側としても 末長く勤めてくれる看護師であることがベターなはずですし、 すぐにいなくなってしまう方の教育も望んではいないでしょう。

看護婦といしての技術や知識を高める事は、 つまりあなた自身の付加価値を高める事に繋がります。 付加価値の高い人材のニーズは必然的に高く、 圧倒的に有利な転職活動ができるでしょう。 しかし、それでも転職を希望するのであれば、 自分自身のマイナスな印象をポジティブにシフトして そんなあなたを上手にアピールする必要があります。

↑ PAGE TOP