今のよりも給料をアップするにはどうしたらいい?

看護師の給料をアップさせる方法

看護師の給料をアップさせる方法

女性が多く活躍している看護師の仕事はやりがいがある事はもちろん、その高い給料も魅力のひとつです。看護師の平均年収は462万で、これは日本女性の平均年収より200万以上も高いと厚生労働省のデーターにあります。

看護師の仕事は、給料が高くてやりがいもある仕事ですが、反面不規則勤務で体力面でもハードワークになる場合も多く、結婚や出産で退職してしまう事も多い職業です。

その為、慢性的に人手不足で悩まされている職場でもあります。人手不足を補うために、看護師の求人を探すとかなり良い待遇や給料で募集している事が多い上に、その求人の豊富さも、看護師の転職を容易にしています。

今の仕事内容や給料に不満がある場合、すぐに解決できるのが転職です。同じ看護師でも、働き方や職種を変える事で、今の給料や勤務時間への不満などが解消され、働きやすい環境へと変えて行く事ができます。

また、人間関係なども重要なチェックポイントとなるので、給料や勤務時間と合わせて、人間関係なども事前にリサーチできることは、しっかりとリサーチしておきましょう。

転職しようと思った時に、求人広告で一番に目を向けるのが給料です。看護師の場合、今のよりも給料をアップさせたいと思ったら、まず基本給プラス手当がどれくらいつくかがポイントとなります。

看護師の仕事で手当てと聞くと、真っ先に思い浮かぶのが夜勤手当です。病棟勤務などがある、大きな病院の場合、日勤、夜勤と勤務時間が不規則ですが、その分手当も大きくつく場合があります。

また、夜勤手当と合わせて、残業手当や休日出勤手当など、どの程度のプラスアルファが見込めるかを、色々見比べて、転職先を探す事が大切です。女性の場合は、産休や育休の制度も合わせてチェックしておくといいでしょう。

同じような勤務条件で、同じ基本給でも、その手当の金額が違うだけで、もらう金額も大きく変わってきます。

看護師の転職で給料アップを狙うなら、たくさんの求人をしっかり見比べて吟味する事が大切です。

↑ PAGE TOP