転職後に後悔したことは?

看護師が転職後に失敗したと感じるのはどんな時?

看護師が転職後に失敗したと感じるのはどんな時?

看護師はどの地域でも人手不足の問題が続いており、求人情報もたくさん出回っています。 そのため、転職しやすい職業だといえるでしょう。 しかし、転職をしたからといって必ずしも前の職場に比べて環境が良くなるとは限りません。

実際に、転職をしたものの失敗したと感じてしまっている方も多いようなので、自分にとって最適な職場を見つけるためにもどういった時に転職に失敗してしまったと感じるのかについてご紹介しましょう。

一般的に、看護師の転職回数の平均は3回ほどと言われていますが、転職回数が多くなればなるほど転職は不利になってしまいますよね。 本当に条件の良い職場を見つけた時に転職活動が不利になってしまわないように良い職場を選ぶためのポイントをチェックしておきましょう。

まず、勤務条件や契約内容が当初の話とは違っていたというケースも珍しくないようです。

求人情報に書かれていたものや面接で聞いていた内容と実際に働き始めてからの条件や収入が違うということになると大変です。

中には自分が勘違いしていただけというケースもあるようなので、分からないことがあった場合には事前によく確認しておくことが重要になります。

また、転職支援サイトの担当者によく話を聞き、契約内容や条件などに間違いがないのか確認しておくのも良いでしょう。

他には、条件などは全く問題がなかったものの、とにかく人間関係が悪く、悩みの種につながってしまったという職場もあるようです。

条件が良くても人間関係が劣悪だと楽しく仕事をしていくことはできませんよね。 こういった問題も転職支援サイトに相談をすると事前に調べてもらえる可能性が高いです。

それから、仕事があまりにも忙しく、体力的に続けることができなかったという職場もあります。 こういった職場は給料が高めに設定されていることも多く、そこのみを重視して職場選びをしてしまうと過酷な職場に当たってしまう可能性があるので注意しましょう。

特に、予定通りに休みが取れない、急な残業が増えてしまったということになると精神的なストレスにもつながるので様々なポイントをチェックしながら職場選びをすると良いですね。

↑ PAGE TOP